起業コラム

 

起業時に融資を受けるための必要書類について

起業時、起業直後の会社が融資を受けるための有力な手段は以下の2つとなります。

 

◆信用保証協会の信用保証つき融資

 

◆国民生活金融公庫からの融資

 

それぞれ審査のための必要書類は異なりますが、以下について整理しておくことで融資審査の根幹にかかわる必要な書類についてはほとんど対応できます。

 

◆経営者や経営メンバーの経歴書

起業時に融資を受けるにあたり、審査担当者が最も重視しているのは経営者であると言われています。 ビジネス上の実績に加えて、融資を必ず返済してくれるだろうという信頼性、人柄などが見られることになります。 この意味において、アポイント日時や書類提出期限などの約束は必ず守るようにしましょう。

 

◆事業計画書と資金計画書

売上や費用の根拠が現実的・具体的であることと、返済可能な資金計画になっていることがポイントです。

 

◆製品、サービスの内容や販売方法がわかる資料

手がける製品、サービスをどうやって売るのか、どうして売れるのか、を第三者に納得してもらうための資料作りになります。なるべく確実な、なるべく多くの説得材料をそろえたいものです。

 

◆自己資金がわかるもの

経営者本人および、保証人を立てる場合には保証人の預金通帳の写しなどの資料も必要になることがあります。

 

◆必要資金の金額と内容がわかる資料

設備資金や、金額の大きな販売管理費については見積書などの資料をそろえておきましょう。

 

◆本店登記場所の賃貸借契約書またはそれに準ずるもの

自宅で起業して本店登記を行っている場合、大家さんの転貸許諾などが必要になる場合があります。

 

なお、スピンアウトなど、過去の実績があるビジネスを引き継いで起業する場合、それまでの事業の沿革や起業までの経緯を説明するための書類が必要になります。

 

起業後、成長ステージに移行する段階での資金調達については、下記当社のサイトに関連記事がありますのでぜひご参考にしていただければと思います。

 

関連リンク

ブレイクポイント株式会社 資金調達サポート関連記事

【資金調達セミナー】スタートアップ・ファイナンス勉強会
サービス一覧-スタートアップへの資金調達支援

起業コラム一覧


Facebook