起業コラム

 

起業時の資金調達、3つの選択肢

起業のときの資金調達については、

◯自己資金、家族、友人(Founder、Family、Friendを3Fと総称したりします)

◯取引先やつながりのある会社やエンジェル

◯公的機関による創業支援融資

 

あたりがまずは選択肢となります。

ベンチャーキャピタル(VC)からの資金調達は、投資を回収できる出口(EXIT)を提示できるビジネスモデルである必要があるため、 一般的には起業の時点での難易度は高いですが、小額でサービスを立ち上げられるWeb・モバイル関連ビジネスなど、テーマによっては可能性はあります。 研究開発型ベンチャーの場合には、事業化を目的とした公的助成金なども充実しており、有力な選択肢となるでしょう。



関連リンク

【資金調達セミナー】スタートアップ・ファイナンス勉強会
サービス一覧-スタートアップへの資金調達支援

起業コラム一覧


Facebook