起業コラム

 

起業する際に利用できるオフィスの種類

起業前後の個人、企業が利用しやすいオフィスの種類として、

(1)公的機関が運営しているインキュベーション施設、

(2)民間のオフィス、

(3)自宅の活用、 などがあります。

 

(1)公的機関が運営しているインキュベーション施設

東京都、区などの公的機関がインキュベーションオフィスを提供しています。公的施設では、殆どの場合入居資格が設定されています。一覧できるWebサイトとしては、下記が便利です。

東京都中小企業振興公社 インキュベーションオフィス情報

http://www.tokyo-kosha.or.jp/incubator/others/

 

(2)民間のオフィス

民間が運営しているオフィスだと、少ない面積から借りられるレンタルオフィスやSOHOオフィス、ワンルームマンションなどが起業当初の選択肢となります。 賃貸条件などに加えて、経営サポートの内容は、オフィスによって大きく異なりますので、自社にあったオフィスを探すようにしましょう。

 

(3)自宅の活用

自宅で会社登記するケースも多いと思います。その場合、事業目的に不動産を使うことについては、大家さんや管理組合などからきちんと許諾を得るようにしましょう。


関連リンク

レンタルオフィス料金一覧
プレ・インキュベーション・プログラム(バーチャルオフィス)

起業コラム一覧