お知らせ

 投稿日: 作成者: admin

第38回TLICビジネススクール 「医薬ライセンス関連契約」 -具体的事例研究に基づく実践的な契約書の読み方と リスクを最小化する契約書の書き方- 開催のご案内

国内および外資系大手製薬企業においてアライアンス業務責任者を歴任され、現在は(有)医薬ライセンス研究所代表取締役の岩並澄夫氏を講師にお招きし、「医薬ライセンス関連契約」を開催いたします。
 医薬品・バイオ技術のアライアンス活動における実践的切り口から、具体的事例研究に基づく実践的な契約書の読み方とリスクを最小化する契約書の書き方についてご講演頂きます。特に、医薬・バイオベンチャー、アカデミア及び医薬新規参入企業の経営者、事業開発担当者向けの極めて実践的な内容となっております。奮ってご参加ください。

≪セミナーについて≫
◆日 時:2012年12月21日(金) 15:00-18:00(※終了後、カフェ交流会を開催します。)

◆場 所:東京都港区海岸一丁目7番8号東京都立産業貿易センター浜松町館 6F
      東京ライフサイエンスインキュベーションセンター(TLIC) A会議室
       http://tlic.incubation-center.com/access.htm      

◆料 金:無料

◆対象者:ライフサイエンス・ベンチャー、医薬関連企業の経営者、事業開発担当者、その他関係者

◆定 員:24名(満席になり次第締め切ります)

◆内 容
「ビジネス的観点から見た医薬ライセンス関連契約」
-事例研究に基づく実践的な契約書の読み方とリスクを最小化する契約書の書き方-
・契約書の書き方の基本と実務上の留意点(契約書の内容と作業プロセス)とは?
・医薬品業界の特殊性に基づく、忘れてはならない条項とは?
・隠れたリスクを最小化するための実践的条文とは?
・契約交渉時のデッドロックを乗り切るために有効な修正案の書き方、ほか
(具体的な契約書の条文例を用いて説明します。)

◆講師
 岩並 澄夫 氏 (有限会社医薬ライセンス研究所 代表取締役 工学博士)
1983年 山之内製薬(現:アステラス製薬) 国際事業、国際ライセンス、戦略企画、
      製品企画、創薬研究部門にてライセンス・研究提携契約・交渉を担当
2001年 ノバルティスファーマ(株)ライセンシング部長
      Novartis Pharma AGと日本製薬、バイオベンチャー企業、
      アカデミア(独立行政法人、大学法人)とのライセンス・提携契約、交渉を担当
2004-2005年 ノバルティスファーマ(株)事業開発本部アドバイザー
2004年 有限会社医薬ライセンス研究所設立、代表取締役
会員 : 日本ライセンス協会(LESJ)、医薬ライセンシング協会(JPLA)

≪参加申込方法≫
◆参加申込先:
「会社名」「お名前」「メールアドレス」を明記の上
E-mail: seminar@breakpoint.co.jp 
または、お電話にてお申込みください。

◆問合せ先:東京ライフサイエンスインキュベーションセンター事務局
 (平日9:30-17:30) 
 TEL:050-5803-2333 FAX:03-3433-5783
 E-mail: seminar@breakpoint.co.jp
 URL: http://tlic.incubation-center.com/

--------------------------------------------
東京ライフサイエンスインキュベーションセンター(TLIC)とは?
--------------------------------------------
東京ライフサイエンスインキュベーションセンター(TLIC)は、東京都が空き庁舎を利用して整備した創業支援施設です。ライフサイエンス、バイオ、ヘルスケア領域での起業支援、成長支援を通じて、下記3つの目標達成を目指します。
1)日本を代表するライフサイエンス、バイオ、ヘルスケア関連産業のベンチャーを輩出すること
2)東京都のライフサイエンス関連産業を活性化すること
3)人と情報が集まる、ライフサイエンス産業の集積を形成すること
-------------------------------------------- 

■発信元:東京ライフサイエンスインキュベーションセンター事務局
Email:メールはこちらへ


Facebook